トラブルシューティング

ファンが正常に運転できないときに考えられる原因と処置について下記の対処法をご参考にしてください。

ファンが動かない

拘束の要因をお取りください。

接触等でバランスが崩れている場合がございます。

羽根とハウジングが接触していますか

正しく配線されているか確認をお願いいたします。

電源が入っているか確認をお願いいたします。

動作していない場合は故障の可能性が高いと考えられます。

正しく配線されているか確認をお願いいたします。

正しく制御信号が来ているか、確認をお願いいたします。

出力されていない場合、故障の可能性が高いと考えられます。

回らない場合、故障の可能性が高いと考えられます。

接続の資料を確認ください。出来ない場合、基板が故障の可能性が高いと考えられます。別途マニュアルを参照ください。

異音がする

打痕などがある場合は、バランス異常が疑われます。製品ごと交換が必要です。

接触していない場合、モータ内部(ベアリング等)の要因が考えられます。弊社までご連絡をお願いいたします。

振動がする

打痕などがある場合は、バランス異常が疑われます。製品ごと交換が必要です。

接触していない場合、モータ内部(ベアリング等)の要因が考えられます。弊社までご連絡をお願いいたします。

装置で振動を測定してください。

羽根の動きが不安定

機器を清掃し、清掃後も不釣り合いが改善されなければ機器を交換します。

清掃の際には、バランスクリップが外れないよう注意してください。

モータが回転しない

スイッチをオフ、供給電源を切り離して、機械的拘束状態を解消します。

主電源電圧を点検し、主電源電圧供給を回復させます。

無電圧の状態にし、接続を修正します。正しく配線されているか確認をお願いいたします。

雰囲気温度を下げる。機器を冷却させる。(仕様書にて許容雰囲気温度をご確認してください。)

過負荷状態を改善させる。

モータの電流値が低い

設定確認、制御電圧の確認後、問題あれば、交換となります。

回転が不規則(ハンチング)

共振の確認、ファン設定の確認、センサーの設定の確認後、問題あれば交換です。

回転数が上がらない

設定確認、制御電圧の確認後、問題あれば、交換となります。

回転数が変わらない(回転数制御が出来ない)

設定確認、制御電圧の確認後、問題あれば、交換となります。

Tach outが動作しない

設定確認、制御電圧の確認後、問題あれば、交換となります。

 

 

上記でも解決しない場合、型番、シリアル番号、デートコード等をご確認の上、下記番号までお問い合わせください。

直接お問い合わせください。

ご依頼内容をお送りください。ご依頼内容を早急に確認し、ご連絡いたします。入力いただいたデータは、ebm-papstでは機密扱いとなります。お問合せ内容をご入力ください。

Formular wird geladen...